【朝】出勤時におススメの呼吸法のやり方と効果

誰でも簡単にできる、おなか痩せダイエット効果のあるハート呼吸法。

ハート呼吸法は内臓を引き上げ代謝をアップさせる呼吸法です。 

 

ここでは朝の出勤時におススメのハート呼吸法をご紹介します。

 

出勤時に歩きながら呼吸法を行うことで、おなかの中ではどんなことが起こるのか。効果も合わせてご紹介。

 ◆歩きながら行うハート呼吸法のやり方

 ◆歩きながら行うハート呼吸法の効果

 

おなか痩せダイエットに効果的な「ハート呼吸法」について詳しく知りたい方は・・・

 ⇒ハート呼吸法の解説※工事中


◆歩きながら行うハート呼吸法のやり方

左へスライドして次へ!

やり方(①→②→③をワンセットで10回行う)

①鼻から胸に息を入れる

 

鼻から胸に空気を入れて行く。イラストのように「ハートの風船」をイメージし、できるだけ細〜く吸い脇に向かって息を入れながら大股で歩きましょう。

 

 

②背中にも息を広げる

 

わきの下のサイド部分から肩甲骨の辺りへ、肋骨をゆるめるようにして、背中と胸に空気を入れていきます。下腹には吸わないようにしましょう。

 

③口から息を吐く

 

適度に空気が入ったところで口を楽に開きます。おなかの奥から少しずつ自然に空気が抜けていくように、ブランブランと肩の力を抜いて軽やかに歩きましょう。

 

♡歩きながら行うときのポイント♡ 

・4歩で吸って、4歩で吐く。(もしくは6歩で吸って、6歩で吐く。など自分のリズムで加減してね。)

・一歩ごとに「スッスッスッス」と4回にわけて徐々に吸っていき、「ハッハッハッハ」と4回にわけて徐々に吐いてきます。

 

この時おなかの中では何が起こっているかというと

歩きながら行うハート呼吸法

歩き始めはおなかが重い感じがする人も、歩きハート呼吸法を行うとだんだん内臓が上がっておなかが軽くなってくる!

 

さらに!歩くという有酸素運動とハート呼吸の相乗効果で、いつもより体が温まります。

これは代謝がぐんっとアップしてきたからです。

 

 

是非一度お試しあれ!

 

◆歩きながら行うハート呼吸法のさらなる効果

 ☆歩く姿勢が綺麗になる!

 ☆お通じがよくなる効果が!


☆歩く姿勢が綺麗になる!

歩きながらハート呼吸法を行うことで、肋骨(ろっこつ)がゆるみ肩周りがリラックスし、背筋が無理なく伸びます。下垂している内臓も胸郭内に引き上げられていきます。

その結果!!!背骨もゆるみ!下腹もすっきり!気が付けば自然と綺麗な歩き姿勢となっていることでしょう。

☆お通じが良くなる効果が!

・朝に歩きながらハート呼吸法をすることで深く息が吸えます。

・引き上げられて本来の位置へ戻った内臓が元気に働けます。

・腸の働きが良くなり、お通じにも効果が期待!

歩きながら行うハート呼吸法を毎日実践することで、内臓を引き上げる力がついてきます。是非取り組んでみて下さい。


ハート呼吸法をして内臓が元の位置へ戻ると、腸への血流も良くなり働きが促進されます。歩くことで腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になりお通じがスッキリ!!

効果の個人差はあるかもしれませんが、毎日コツコツと続けよう。
便秘気味の人には特に、この歩きながら行うハート呼吸法がおススメです!

◆関連する記事◆