玄米食べておなかのお掃除!

「玄米が体に良いとは聞くけれど、本当のところはどうなの?」

 

健康食ブームで玄米を口にできる機会も増えたようには思うのですが、まだまだ知られていない玄米のこと。

 

玄米はおなかダイエットに効果大!なのです。

賛否両論ある玄米ですが、やっぱりおなかに良いその理由を解説します。

 

さぁ、おなか痩せダイエットを始めましょう!

 

その1 おなかに溜まった脂(あぶら)をお掃除!

「玄米」とは精米して白米になる前のお米のことを言います。白米になるときに磨かれ捨てられてしまう「糠(ぬか)」と「胚芽」が残っています。

 

この「糠」のぬか油が、おなかに溜まった動物性脂肪や植物性の汚れた油分をお掃除してくれるのです!

 

まさに毒をもって毒を制すならぬ、油でもって油を制すのが玄米の力!


その結果、血液をサラサラと綺麗にしてくれるので、アンチエイジング効果も期待大という理由です。

その2 美容効果がいっぱい!

玄米に残っている「胚芽」の部分にはビタミンB1やビタミンEなどが豊富に含まれています。

 

特にビタミンEは抗酸化作用があるといわれていて、ここでもアンチエイジング効果大です!

 

玄米は完全栄養食とも言われるほどビタミン以外にも栄養豊富、おかずをあれこれと用意しないでも栄養バランスがとれるので、結果的に節約にもなります。

 

その3 解毒作用でおなか元気!

あともう一つは、食物繊維の豊富さです。

 

食物繊維の役目は、言わずと知れた便秘解消に良いということ。

他にも食物繊維には、添加物や有害物質を吸着してくれる働きがあるので、解毒・排泄作用があると言われています。

 

 

以上が、世間でもよく知られている玄米の魅力です。

 

しかし玄米には批判の声も・・・

「玄米ってやっぱり良いんだ!だけど体に悪いという意見も聞くから心配。」

と、いう方もいらっしゃるかと思います。

 

玄米も賛否両論。批判意見もあります。

 

良く聞く反対意見として、

 

・フィチン酸がカルシウムや鉄分の吸収を妨げ、体内のミネラルを排出してしまう

・玄米には残留農薬が多く含まれている

・玄米は消化に悪い

 

など。

 

これらにも確かに一理あります。

しかし、それでも総合的にみれば玄米食に変える方がよいのです。


以下、おなか美人ラボの見解を参考までにご紹介します。

・フィチン酸がカルシウムや鉄分の吸収を妨げる

実はフィチン酸の摂取が大量でなければ、それほど気にしないでも良いのです。

 

例えば大豆はお米よりも大量にフィチン酸を含んでいますが、私たちは日常的に食べています。他にもほうれん草にはショウ酸が含まれるているなど。

 

これらの野菜に含まれる有害物質を反栄養素といいますが、基本的に全く無害の野菜というものはありません。

それでもメリットの方が大きいから食べるのですね。

 

どうしても気になるという人は、玄米を炊く前に一晩しっかりと浸水させておくと良いでしょう。

 

またフィチン酸によってミネラルが排出されたとしても、玄米自体に多様なミネラル分が含まれていますから、あまり神経質にならなくても良いのではないでしょうか。

 

・玄米には残留農薬が多く含まれている

確かに玄米は削らずにそのまま丸ごと食べるわけですから、農薬は気になりますね。

 

しかし玄米は豊富な食物繊維による解毒効果がありますから、農薬に対しても期待ができます。

 

また、そもそも田んぼのお米には玄米の外側に籾がらがあります。もし農薬がかかっていても、もみ殻が脱穀される工程で大部分は除去されます。

 

しかし「それでもやっぱり心配」という人は、ネットで無農薬玄米を購入しましょう。

 

世の中には無農薬や低農薬で安全なお米を作っておられる農家さんもたくさんいらっしゃいます。その中からご自身で納得のいく玄米を探すのもまた楽しいものです。

 

☆ちなみに管理人がいつもお世話になっている農家さんをご紹介します。全国どこでも配送してもらえるので、自分で探すのが大変という人はご検討されても良いかと思います。⇒岡村農産さん

・玄米は消化に悪い

玄米は糠に包まれている状態なので、白米と比べると確かに消化はしにくいかもしれません。

 

しかし、しっかりと噛んで唾液と混ぜ合わせることによって問題は解決します。コツはやや硬めに炊くことですね。そうすればしっかり噛もうという意識が高まります。


しっかり噛むことによって、胃に入る前に唾液のアミラーゼという酵素によって分解が始まり、胃の消化を助けてくれます。

 

焦らずお通じの様子を見ながら徐々に試されてはいかがでしょうか。

 

やっぱり玄米をおススメします!

管理人の職場でも皆10年以上玄米を食べていますが、体調はとても良くなりました。

 

これまでおなか美人ラボでは、ダイエットはもちろんのこと、疾患や病気で悩まれている人へ玄米をおススメし、様々な症状にも改善がみられました。以下に関連病名を記載しておきます。

 

肥満体質、痩せ体質、胃痛、胃アトニー、便秘、過敏性腸症候群、クローン病、生理痛、糖尿病、腰痛、関節痛など

 

もちろんこれらの症状が玄米だけで良くなったわけではありませんが、玄米食が回復の助けになっていることは間違いないと思います。

 

 

また美容・ダイエット面でも、便通も良くなりおなかもへっこみ、お肌も綺麗になる!おなかダイエット効果はやっぱり絶大だと実感しています。

以上のことから、やっぱり玄米は体に良い!のですね。

 

 

玄米のお掃除効果で、おなかの中からスッキリ綺麗になりましょう!


◆関連する記事◆