四股踏みでおなかを強く美しく!

数年前から、じわじわと流行って来ている「四股踏み」ですが、話題になるだけあっておなか痩せダイエット効果大です。

 

四股踏みは、おなか周り・お尻・太ももと引き締めたいあらゆる筋肉に効果があると言われています。

 

そんな魅力のある「おなか美人の四股踏み」のやり方と効果をご紹介します。


◆おなか美人の四股踏みのやり方

おなか美人の四股踏み

やり方(1日15回からやってみましょう)

①足は肩幅より開く

 

足は肩幅より少し開いて、姿勢は前傾でも後継でもなくまっすぐに。つま先はなるべく外側に向けます。

 

 

②腰を落としていく

 

そのまま真っ直ぐ重心を落としていきます。土踏まずに重心がかかるようにし、腰が反ったりお尻が出ないよう限界点まで下がります。

 

 

③小さく15回上下する

 

限界点で小さく上下をしましょう。内ももを使っている感じがするのが理想です。

 

 

コツコツ毎日続けると、だんだんと深くそして楽に四股踏みができるようになります。

 

 

※関節が固まっている人が急に行うと、ケガにつながる可能性もあるので無理のない回数からはじめてみましょう。

 

◆この筋肉に注目!!四股踏みのメカニズム解説

四股踏みを行うと、体の深部筋(インナーマッスルと言われる部分)の大腰筋と内転筋が連動して動きます。

 

この大腰筋と内転筋という深部筋が鍛えられると、中から筋肉が引き締められます。

 

 

腹筋など表面にある筋肉で無理やり押さえつけるような体型維持は長続きはしません。

 

 

深部筋なら持続性に優れていますので、内からぽっこりおなかを引き上げ、へこんだ状態をキープできます。

◆おなかが強く美しくなる四股踏みの効果

 ☆おなかが美しくなる効果

 ☆おなかが強くなる効果


☆おなかが美しくなる効果

四股踏みで鍛えられる内転筋は、骨盤や内臓を下からグイっと持ち上げ支える役目をします。運動して柔軟性を養うことでおなか痩せダイエットの成功へさらに近づきます!

 

おなか痩せダイエット生活で紹介する運動法は、表面筋を鍛えて硬くするトレーニングではないので、しなやかな女性らしいボディメイクが可能になります。

☆おなかが強くなる効果

四股踏みで鍛えられる大腰筋は、おなかの深部にあり、腸の間を通っています。

 

この大腰筋が動く度におなかの中では、腸をグワシッグワシッと揉んでいる状態になります。

ですからマッサージ効果で血流が良くなり、腸の働きを促進してくれます。

 

その結果、ポカポカとおなかは温かく強くなり、下痢の改善や便秘解消にも効果が期待できます。

◆関連する記事◆